本科の特色 ~選ばれる理由はココにあります!~

1.昼間1年制

 1年間の通学(昼間)で、最短での「社会福祉士国家試験受験資格」の取得が可能です。

 昼間部での1年制養成課程は全国でも少なく、関西圏では本校のみとなります。
 本科では、毎日朝から夕方まで授業が行われ、放課後も補講等が実施されます。そのため、仕事との両立や他の学校とのWスクール(通学が必要な場合)等はできません。
 だからこそ、『社会福祉士資格の取得のため』に、全力をかけることができるのです。


2.抜群の合格率

 社会福祉士国家試験平均合格率は、83.4%(直近3年間平均)

 全国平均である26.3%の実に3倍以上の実績を誇ります。
 本科では、入学時より効率的に勉強を進めることができるよう、独自にカリキュラムを編成し、日常のサポートから国家試験直前の対策講座まで、様々な受験対策や指導を行っています。

 ★受験対策についての詳細はこちらへ


3.信頼の就職率

 就職率は91%と高水準。

 学校へ寄せられる求人数は、年間で学生数の3倍以上となります。また、その中には、施設等から直接本校のみに頂く求人も多数あります。
 また、本校は福祉の現場に卒業生を多く輩出していますので、それらの多様なネットワークを駆使して学生の就職活動を強力にサポートします。
 福祉分野が初めての人も担任が相談に応じ、希望の分野や目指す就職先のイメージづくりから進めていきますので安心です。

 ★就職先や就職サポートについての詳細はこちらへ


4.クラスの一体感

 本科に集う学生は、皆年齢も経歴も大きく異なりますが、「必ず、この1年で社会福祉士の資格を取得したい!」という同じ目標を持っています。

 この大きな目標と、それにかける熱い想いが、「共に歩む仲間」というクラスの一体感を生み出します。
時に支え合い、時に良きライバルとして、互いに良い刺激を受け合いながら成長し、「全員で合格を目指す」姿勢が、通学課程ならではの最大の特徴といえます。


5.安心の担任制

 クラスには担任制を導入しています。

 出席管理や補講、就職指導のみならず、毎日の学校生活を幅広くサポート。学生1人ひとりの体調やモチベーションなども気にかけながら、1年間を一緒に歩みます。
 心配事や不安なことがあれば、いつでも相談して下さい。